選択する際の条件を確認しよう

話し合いを済ませよう

しっかり話し合いをしてくれる業者がおすすめです。
あまり良くない業者は、話し合いをしないでいきなり工事をする場合があります。
しかしこちらの意見が十分に伝わっていないので、理想通りの工事をしてくれないことが多いです。
失敗したからといって、やり直すことはできません。
チャンスは1回しかないので、本当に自分の意見をわかってくれているのか判断してください。

相性が悪いと思ったら、キャンセルしてください。
そして別の業者に相談して、再び話し合いをしましょう。
まだ話し合いの段階だったら、キャンセルできます。
工事が進むと、簡単にキャンセルできなくなるので注意しましょう。
キャンセルできたとしても、料金が発生してしまいます。

意見をわかりやすく伝える

相性が良い業者だったら、すぐにこちらの意見を理解してくれます。
相性が悪い業者は、何回説明しても理解してくれません。
しかし相手が理解できないのは、自分の説明に問題があったからだということも多いです。
しっかり業者に意見を伝えられるよう、工夫してください。
前もって、自分の理想をメモに書くと良いでしょう。

口頭だけで説明するより、メモがあった方がわかりやすいです。
また理想の部屋があるなら、写真を見せましょう。
すると業者は、完成図をイメージできると思います。
和室を洋室に変えたいと思っていても、具体的なイメージが決まっていない人が見られます。
そのような人は、話し合っている時にスタッフからのアドバイスを聞いてください。