仕事の幅を広げて安定した生活を

この記事をシェアする

正社員の仕事内容を理解

転居を伴う転勤

正社員になると安定した収入になったり福利厚生が充実するなどのメリットがあります。
もちろん正社員になることで良いことは数えきれないほど存在いたしますがその反面、いくつかのリスクも存在いたします。

まず、正社員には転勤が存在するということが挙げられます。転勤は非正規雇用の場合には存在いたしません。非正規雇用の場合、同じ勤務地で仕事をするほか勤務地が変わったとしても自宅から通える範囲の場所にある勤務地となります。

しかし正社員は転居を伴う転勤が存在し、他県への転勤も当たり前のように存在いたします。
転勤の場所もとても遠い場所に転勤になったりする場合もあるため新しい場所での生活に慣れるまで時間がかかってしまうようなこともあります。

出張が存在

次に正社員になることにより出張が存在いたします。
同じ勤務地だけで仕事をするのではなく仕事内容に応じて他県などに出張に行かなければならないことがあります。日帰りでの出張の場合もありますが中には泊まりがけでの出張の場合もあります。知らない土地で仕事をしなければならないことも多々あるため移動などにあり体力面でも精神的にも普段以上の疲れを伴うことがあります。

次に残業や休日出勤があるということが挙げられます。
仕事が立て込んでいる場合や締め切りが迫っている仕事が複数存在するときなどには残業をしなければなりません。残業だけでなく場合によっては休日にも出勤をして仕事をしなければならないこともあります。残業代や休日手当が支給されますがプライベートの時間を仕事に費やさないといけません。


Topへ
戻る▲